かたくちイワシのマリネ(スペイン産)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - かたくちイワシのマリネ(スペイン産)
Share on Facebook

2013年11月18日(月)

 今回は、スペイン産の魚の缶詰・パック商品を取り上げます。
 今は、魚は西日本産のものを取り寄せるか海外産の缶詰製品を利用している方も多いと思います。

 海外産の缶詰を利用する場合は、主にオイルサーディンやツナのオリーブオイル漬けなどかなり限られてきます。それはそれでおいしいのですが、もう少しフレッシュな魚が食べたくなるときもあります。 そこで、今回はスペイン産のパック入りかたくちイワシの酢漬けを紹介します。生魚とはいきませんが、オイルサーディンとはまた違ってサッパリと味わえます。

 この他にTAPASの缶詰もいくつか併せて紹介します。

■ボケロネス【レモン風味】(スペイン産)

■ボケロネス【ガーリック風味】(スペイン産)

 このボケロネスが、タイトルにある「かたくちイワシのマリネ」です。 ボケロネスは生のイワシを酢漬けにしたもので、 まさにイワシのマリネです。
 このパック入りのボケロネスにはガーリック風味とレモン風味があります。 レモン風味のほうはガーリックが入っていません。レモン風味といっても酸味がキツイわけではなく、サッパリとしていてイワシの味わいがしっかりと楽しめます。
 ガーリック風味はしっかりとガーリックが効いてハーブも入っており、オイルにコクがあります。
 どちらも作りたてのイワシのマリネにかなり近いです。 そのまま食べてもよいですが、お皿に並べてピンクペッパーやチャービルなどをかけると 見た目もきれいで、さらにおいしくなります。

 続いて、TAPASの缶詰です。

■タコのアヒージョ(スペイン産)
 アヒージョとは、オリーブオイル、にんにくで煮たもの。この缶詰ではサラダ油を使っているようです。

■タコのガリシア風(スペイン産)
 ガリシア風とは、タコであれば玉ねぎと一緒に塩茹でしたタコに、パプリカとオリーブオイル、あら塩をかけたもの。この缶詰ではサラダ油を使っているようです。また玉ねぎは入っていないようです。

■いかのガリシア風(スペイン産)
 こちらのガリシア風は「いか」バージョンで、玉ねぎとトマトも入っています。

■アグハのひまわり油漬(スペイン産)
 アグハとはサヨリやサンマの仲間だそうです。

■いわしのエスカベッシュ(スペイン産)
 エスガベッシュは茹でたり揚げたりした素材をビネガーやオイルで作ったマリネ液に漬け込んだもの。日本でいうところの南蛮漬け。
 この缶詰もいわしをワインビネガーとスパイスが効いたマリネ液に漬け込んだものということです。

 

 

 

※このサイトでは放射能で汚染されにくいと思われる食品を紹介していますが、その完全性を保証するものではありません。また、価格の安さも考慮していますが、最安値を保証するものではありません。

【メールマガジンも発行しています】
→メルマガの登録・解除は「まぐまぐ」のサイトへ

【関連サイトのご案内】
食品パッケージの裏面写真を集めたサイト
原材料、カロリー、製造所固有記号などがまとめて分かる!
皆さんからの情報提供もお待ちしております。ぜひアクセスしてみてください。

カテゴリー: 放射能汚染されにくい食品, 魚・魚缶詰   パーマリンク
にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ
にほんブログ村