九州産の炭酸水

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 九州産の炭酸水
Share on Facebook


2013年10月7日(月)

 今回は、炭酸水を取り上げます。日本で日常的に購入できる炭酸水は国内大手メーカーのものになると思います。国内大手メーカーの工場は全国にあるものの、関東で購入できるものはやはり関東近郊の工場で製造されたものになります。
 また、西日本にある通販店舗で購入しても必ずしも西日本工場製造のものが届くとは限りません。
 したがって、海外産発泡天然水、特に比較的発泡度合いが高いペリエ(缶のタイプ)などを利用している方も多いのではないでしょうか。
 そこで今回は「九州産の炭酸水」を紹介します。

 商品名は「KUOS(クオス)」で、天然水と二酸化炭素から作られた炭酸水です。天然水の採水地は大分県の九重連山、製造工場も大分県です。強炭酸ということですので、きつめの炭酸水が好みという方には嬉しい商品ではないかと思います。また、硬度は0mg/lと超軟水ですので、クセのない味といえるでしょう。

 サイズは500mlと1.5Lの2種類あります。

■炭酸水 KUOS-クオス 1.5L:1本

■炭酸水 KUOS-クオス 1.5L×8本

■炭酸水 KUOS-クオス 500ml×24本

 この炭酸水と同じ九重連山の天然水を使ったサイダーもありますので、そちらも紹介します。

■九州あわ水 のどごしサイダー 1.5L×8本

■九州あわ水 のどごしサイダー 500ml×24本

 このサイダーのカロリーゼロのタイプもあります。

■アクアサイダー 1.5L×8本

■アクアサイダー 500ml×24本

 

 

 

※このサイトでは放射能で汚染されにくいと思われる食品を紹介していますが、その完全性を保証するものではありません。また、価格の安さも考慮していますが、最安値を保証するものではありません。

【メールマガジンも発行しています】
→メルマガの登録・解除は「まぐまぐ」のサイトへ

【関連サイトのご案内】
食品パッケージの裏面写真を集めたサイト
原材料、カロリー、製造所固有記号などがまとめて分かる!
皆さんからの情報提供もお待ちしております。ぜひアクセスしてみてください。

カテゴリー: 放射能汚染されにくい食品, 水・飲料   タグ:   この投稿のパーマリンク
にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ
にほんブログ村