インスタント味噌汁(原材料が主に海外産で愛知または兵庫製造)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - インスタント味噌汁(原材料が主に海外産で愛知または兵庫製造)
Share on Facebook


2013年7月24日(水)

 今回は、インスタント(即席)のみそ汁を取り上げます。

 まず、みそ単体でみると、原料である大豆、米(九州であればここに麦が加わります)ついては海外産のみ、という製品はかなりありますが、関東以北の人が好むみそは、製造地は長野というものが多いので、みそ選びには苦労している方も多いかと思います。

 ましてや、インスタントとなると、具やだしも入っていますので、これらの産地も気になるところです。インスタントの食材で産地がすべてわかるものは希ですし、わかったとしてもすべて海外・西日本産というものはなかなかありません。

 そのような中、ほとんどの材料が海外産で、製造は愛知か兵庫という製品がありましたので紹介します。

 以前、ラーメンのスープの材料を取り上げた回で紹介したみそのメーカー、「マルサンアイ(愛知県)」の即席みそ汁です。

 →参考:簡単に本格的なラーメンのスープを作る材料:海外産・西日本産(2)

まず、みその原料です。
大豆:アメリカ産
米:タイ産
食塩:徳島県

続いて、酒精や調味料(アミノ酸)、砂糖などについては次の通りです。
酒精→原料のとうもろこし:ブラジル
調味料(アミノ酸)→原料のサトウキビ:タイ・東南アジア
砂糖→原料のサトウキビ:タイ、甜菜:北海道
※砂糖の原料の一部、甜菜(テンサイ)は北海道になります

そして、みそ汁の具のわかめ、ねぎ、豆腐です。
わかめ:中国
ねぎ:中国
豆腐→原料の大豆:アメリカ

最後に出汁(だし)についてですが、こちらはカツオ、昆布とも日本ということです。
通常であれば、カツオ節のカツオの産地は焼津(静岡)か枕崎(鹿児島)で、昆布は北海道と思ってよいでしょう。

→参考:調味料:だしの素・粉末だし(鰹・昆布・いりこなど)

すべての製品が海外産・西日本産というわけではありませんが、割合としてはかなり高い方だと思われます。

商品は以下の通りです。バリエーションは「あわせ(みそ)」と「赤だし」です。

通販店舗では、1袋単位で売られているものがないようでしたので、12袋まとめて販売している店舗のものを掲載しました。

■マルサンアイ 即席みそ汁 あわせ(生みそタイプ) 12食
 あわせみそで、具が3種類(わかめ、長ねぎ、豆腐)あります。これが4食ずつで12食入っています。
 下記の店舗では、これを12袋まとめて販売しています。

■マルサンアイ 即席みそ汁 赤だし(生みそタイプ) 12食
 赤だしで、具が3種類(わかめ、長ねぎ、豆腐)あります。これが4食ずつで12食入っています。
 下記の店舗では、これを12袋まとめて販売しています。

■マルサンアイ 即席みそ汁 組み合わせいろいろ(生みそタイプ) 12食
 上記のあわせと赤だしが組み合わさったものです。具も同様に3種類(わかめ、長ねぎ、豆腐)です。これが2食ずつで12食入っています。
 下記の店舗では、これを12袋まとめて販売しています。

 

 

 

※このサイトでは放射能で汚染されにくいと思われる食品を紹介していますが、その完全性を保証するものではありません。また、価格の安さも考慮していますが、最安値を保証するものではありません。

【メールマガジンも発行しています】
→メルマガの登録・解除は「まぐまぐ」のサイトへ

【関連サイトのご案内】
食品パッケージの裏面写真を集めたサイト
原材料、カロリー、製造所固有記号などがまとめて分かる!
皆さんからの情報提供もお待ちしております。ぜひアクセスしてみてください。

カテゴリー: インスタント・レトルト食品など, 放射能汚染されにくい食品, 調味料   タグ: ,   この投稿のパーマリンク
にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ
にほんブログ村