いわしのたたき身・開き(冷凍):主に鳥取産

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - いわしのたたき身・開き(冷凍):主に鳥取産
Share on Facebook


2012年11月27日(火)

 魚は食べたいけど鮮魚は躊躇してしまう、という人向けに以前、オイルサーディンを取り上げたことがありました。

 今回は鮮魚ではありませんが、同じ鰯でも冷凍ものの「鰯のたたき身」「鰯の開き」を紹介します。

 開きは焼いたりフライにしたり、たたきはおでんの「つみれ」の材料やいわしハンバーグなどに使えます。

 特につみれに関して言えば、市販のつみれには調味料や加工に必要な材料などが入っていますが、この冷凍のたたき身とおろししょうが、塩だけで作れば、素材の味が十分楽しめます(これですと、つみれと言うより鰯団子ですね。卵白や小麦粉を入れるとつみれに近くなります)。

 さて、関東で真鰯や加工品を買おうとすると、やはり銚子産が多くなります。真鰯の水揚量は銚子と沼津が圧倒的に多いので(2011年10月のデータ)、関東に限らず銚子産の確率は高いもしれませんが。

 今回取り上げる鰯のたたき身・開きですが、加工は鳥取県堺港、水揚げ漁港は主に堺港(堺漁港)というものです。主に、というのは、水揚げ状況により違う港のものを使うこともあるためです。とはいっても堺港や九州が多いようです。

 ここで鰯の回遊について少し触れておくと、日本近海で獲れる鰯(真鰯)は、一定の地域に生息するものと、南北を行き来するものとがあります。
 南北を行き来する鰯は大きく太平洋側の群と日本海側の群に分けられます。

 日本海側で獲れたものが太平洋側を泳いでない保証はありませんが、水揚げ漁港は安全性を考える場合の1つの目安になるかと思います。

 下記商品は、前述のように主な水揚げ漁港は堺港・九州などです。鰯は漁獲量の変動が大きいため稀にオレゴン産などの使用もあるようです。
 商品ごとに原産地を記載しているそうなので、気になる方は店舗に問い合わせたほうがよいかもしれません。

メーカー:大新(鳥取県)
下記販売店舗:タスカルネットショップ(大阪府)

■【冷凍】とれとれいわしタタキ身(約150g):203円

■【冷凍】いわし開き5枚入り:349円

鯵(あじ)もあるようなので紹介しておきます。
■【冷凍】あじの松葉開き10枚入り:821円

 

 

 

※このサイトでは放射能で汚染されにくいと思われる食品を紹介していますが、その完全性を保証するものではありません。また、価格の安さも考慮していますが、最安値を保証するものではありません。

【メールマガジンも発行しています】
→メルマガの登録・解除は「まぐまぐ」のサイトへ

【関連サイトのご案内】
食品パッケージの裏面写真を集めたサイト
原材料、カロリー、製造所固有記号などがまとめて分かる!
皆さんからの情報提供もお待ちしております。ぜひアクセスしてみてください。

カテゴリー: 魚・魚缶詰   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ
にほんブログ村